アルマードは口コミではどんな評価?※人気の卵殻膜商品が誕生したワケとは?

 

口コミ評価が高い卵殻膜化粧品ですが、卵殻膜を化粧品に使ってみようと思ったきっかけは何だったのでしょう?

 

これからビューティーオープナーを始めとして、@コスメの口コミで評判が高い卵殻膜化粧品がアルマードで誕生したきっかけを説明していきます。

 

口コミで評判の卵殻膜商品をアルマード社が使ったきっかけは?

 

アルマードで卵殻膜商品を使うことになったきっかけは、アルマードの長谷部会長が小学校の頃に卵が持つ効果に興味を持ったからです。

 

親鳥が産んだ卵は、その後は何の栄養分の提供もないのに、卵を温めるだけでひよこが自分で卵の殻を破って出てくるのに驚いたそうです。

 

確かに、ひよこの誕生はとても不思議だと言えますよね。

 

プロレスラーの発言から卵殻膜研究を始めた。

 

そして20代の頃、アルマード会長はその時見ていたテレビで、人気が高かったプロレスラーの力道山が卵殻膜のことを言っていたことに興味を惹かれたのです。

 

試合後のインタビューで、力道山は試合で怪我をした時でも血まみれにならないのはどうしてか質問された時に、次のように回答しました。

 

力道山は「外国人レスラーは怪我をしたところを縫って治療しますが、縫うと皮膚が硬くなってしまいます。だから私は卵殻膜を貼ることで治療をします」

 

力道山は相撲取りだった時に、相撲界では皆、卵殻膜を貼り怪我の治療をしていたそうです。

 

アルマード会長はそのインタビューで子供の頃からの疑問が1つにつながり、卵殻膜の商品化を考えたのです。

 

 

卵殻膜の商品化は非常に難しかった。

 

商品化を考えたのはいいのですが、卵殻膜はとても丈夫な繊維構造なので商品化は難しい素材でした。

 

卵殻膜は熱に強い特徴があり、水、油にも溶けません。

 

それで商品化の難しさに研究者は匙を投げてしまったんです。

 

ですが、キューピーに開発依頼をしたところ、卵殻膜のパワーを変えずに加水分解卵殻膜を含んだ化粧品の商品化が実現し商品の販売にこぎつけました。

 

世界に卵殻膜研究が広がる。

 

その後は、アルマード会長はビューティーオープナーの開発メンバーとなり、アルマード社、東京大学、東京農工大学で共同研究が行われました。

 

そして2011年5月に研究者向けの専門誌である「組織と細胞」で、卵殻膜研究についての論文が掲載され、世界に卵殻膜研究が広がったのです。

 

卵殻膜は卵より手軽に取れる素材なので、環境にも優しい天然素材ということができます。

 

ですので、今後はもっと注目される素材と言えるでしょう。

 

卵殻膜の効果の詳細が掲載。

 

ここまで読んでどう思いましたか?

 

ビューティーオープナーの開発は、研究者の商品化への執念が凝縮されていると言えます。

 

そんなビューティーオープナーの公式サイトでも卵殻膜の効果の詳細が紹介されているので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

>>初回65%OFFでお試しできる安心の公式サイトはコチラ

 

.

ページの先頭へ戻る