ビューティーオープナーは毛穴の洗浄効果もスゴイってホント!?

【新着情報】

 

ビューティーオープナーの在庫僅少につき、定期キャンペーン終了間近だそう。

 

お得に始めるなら急いで!

 

>>すぐに65%OFFの公式キャンペーンを見てみる

 

 

ビューティーオープナーは公式サイトにも毛穴への効果が記載されていますが、実際のところはどうなんでしょうか?

 

今回は卵殻膜美容液ビューティーオープナーが、毛穴に対してどのような効果が期待できるのかを調べた結果を述べていきます。

 

ビューティーオープナーは毛穴にも効果アリ?

 

結論としては、ビューティーオープナーは毛穴対策に効果がしっかり期待できるんです。

 

ビューティーオープナーの毛穴への効果とは?

 

ビューティーオープナーには卵殻膜エキスが含まれているので、その作用で肌にも弾力が出てきます。

 

たるんでいた毛穴にも、しっかりと有効成分が行き届き、毛穴の開きが目立たなくなる効果が期待できるんです。

 

毛穴ができる原因について

 

まず、なぜ毛穴が開いてしまうのでしょうか?

 

その原因について調べてみました。

 

取り切れない皮脂や角栓など毛穴の汚れが詰まっている

 

皮脂や角栓が詰まることで、毛穴の黒ずみが目立ってしまい、肌に触れた時にザラザラとした感触が感じられます。

 

その原因ですが、必要以上に洗顔をやり過ぎてしまって、その結果、肌が乾燥してしまったり、その後の保湿も充分にされていないなど。

 

逆に、正しいクレンジングや洗顔ができていない為に洗い残しがあったり、水分不足により肌が乾燥してしまい、それが原因で皮脂が過剰に分泌されてしまったりということが考えられます。

 

加齢による毛穴のたるみ

 

加齢によって、たるんでしまった毛穴がしずく状に長くなり、楕円形のように広がってしまう状態が特徴です。

 

年齢を重ねていくことで、肌を作るために重要なコラーゲンやエラスチンが減っていきます。

 

毎日のケアで、保湿がしっかりできていなかったり、基礎代謝が正常に行われなくなったり、また表情筋を使わないことにより凝ってしまったりといったことが原因になるようです。

 

毛穴にニキビができてしまっている

 

毛穴の部分にニキビが発生してしまっている状態です。

 

特に10代の若い肌の場合は、ホルモンバランスが崩れることによって皮脂の分泌が盛んになってしまったり、新陳代謝が正常に行われていなかったりすることで、起こりやすいようです。

 

肌へのph(ペーハー)のバランスが悪くなる原因として、古くなった皮脂や角質や汚れが毛穴にたまると酸化してしまうこと、その事によってニキビの原因となる菌が増えてしまうことで、引き起こされます。

 

過度の洗顔をしすぎていたり、保湿がしっかりとされていないなど正しいケアができていないと、毛穴の悩みの症状が今よりも更に悪くなってしまう可能性もありますので、気をつけることが必要になってきます。

 

ビューティーオープナーの毛穴の効果についての口コミは?

 

アットコスメで、ビューティーオープナーの毛穴への効果について投稿されている口コミを紹介します。

 

口コミ@40代前半で乾燥肌の方

 

ビューティーオープナーの使用感は肌にスーッと浸透していく感じです。

 

1度に使用する量も数滴ですむので、コスパ的にもいいと思います。

 

まだ数回しか使用していませんが、ずっと悩んでいた毛穴が目立たなくなってきました

 

口コミA30代後半で敏感肌の方

 

ビューティーオープナーは、使っていると、すごく肌になじむ感じがします。

 

次に使用する化粧水などの浸透をサポートしてくれていますね。

 

毛穴も小さくなり、肌の状態もずいぶん良くなってきました

 

効果を実感することができたので、ビューティーオープナーには満足しています。

 

口コミB50代前半で普通肌の方

 

質感は、少しトロミのある濃厚な美容液という感じです。

 

美容液を肌に広げていき、少し時間をおくとなじんできます。

 

ビューティーオープナーをなじませた肌を触ると、しっとりしているのがわかります。

 

気になっている、ほうれい線周りのところには、何度も重ねづけをしています。

 

肌のキメも以前よりだいぶ整ってきて、毛穴も引きしまってきました

 

お試しで、毛穴の悩みへの効果を体感。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ビューティーオープナーでしっかり保湿することで、十分な毛穴対策ができます。

 

今なら下記の公式店舗で初回半額以下&お試しサンプル付きで始められますので、早めにチェックしてみてくださいね。

 

 

.

ページの先頭へ戻る