ビューティーオープナー全成分のうちで押さえておきたい4つを採り上げました

【新着情報】

 

ビューティーオープナーの在庫僅少につき、定期キャンペーン終了間近だそう。

 

お得に始めるなら急いで!

 

>>すぐに65%OFFの公式キャンペーンを見てみる

 

 

卵殻膜美容液のビューティーオープナーの全成分には、どんな成分が含まれているか気になりますよね。

 

ここでは、ビューティーオープナーの全成分を記載し、その中から特に注目したい成分について書いてみました。

 

ビューティーオープナーの全成分を一気に掲載!

 

ビューティーオープナーの全成分は、以下の通りです。

 

・水

 

・加水分解卵殻膜

 

・ヒアルロン酸Na

 

・クエン酸

 

・クエン酸Na

 

・スクワラン

 

・バラエキス

 

・カンゾウ根エキス

 

・ニオイテンジクアオイ油

 

・レモングラス油

 

・ローズマリー油

 

・デキストリン

 

・オレイン酸ポリグリセリル−10

 

・ペンチレングリコール

 

・ブチレングリコール

 

上に挙げたビューティーオープナーの全成分中、卵殻膜エキス以外の注目したい成分4つについて、次に説明したいと思います。

 

注目したい成分その1:スクワラン

 

スクワランは動植物の中に含まれる「スクワレン」からできている成分で、紫外線や乾燥から肌を守ります。

 

また、保湿効果もあるため、乳液やクリームなどの化粧品の成分として利用されているものです。

 

さらに、スクワランはもともと人体にも存在する成分のため、肌へよくなじみ、浸透性にも優れています。

 

注目したい成分その2:ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸はとても保水力のある成分で、ヒアルロン酸1gで6リットルの水分を保持する力を持っています。

 

そしてヒアルロン酸もスクワランと同じく、人体に存在する成分の1つであるため、安全性も高いといわれています。

 

ヒアルロン酸は水分保持能力が高いため、肌が保湿性と弾力を保ち、シワやたるみの予防にも効果があります

 

注目したい成分その3:バラエキス

 

バラエキスに含まれるローズポリフェノールという成分には、老化の原因にもなる酸化をふせぐ抗酸化作用があります

 

また、抗菌作用や抗アレルギー作用、抗ストレス作用もあり、バラの香りの成分のため消臭効果もあるといわれています。

 

注目したい成分その4:カンゾウ根エキス

 

カンゾウは漢字では「甘草」と書き、マメ科の「甘草(カンゾウ)」という植物の根から抽出したもので、何千年もの昔から炎症を抑えたり、傷の治療に利用されてきた成分です。

 

カンゾウエキスには抗炎症作用以外にも、メラニンが生成されるのを抑える働きもあり、ビタミンCの約270倍ものメラノサイト抑止効果があると言われています。

 

カンゾウエキスはシミなどの予防に効果があり、肌を明るい色調にするのに役立ちます。

 

ビューティーオープナーの美肌成分は公式サイトでも読めます。

 

ビューティーオープナーには卵殻膜以外にも、美肌効果のある成分がいろいろ配合されていることがご理解いただけたのではないでしょうか。

 

配合成分については、公式サイトでも詳しい情報が載っていますので、ぜひ一度、読んでみてくださいね。

 

>>初回65%OFFでお試しできる安心の公式サイトはコチラ

 

.

ページの先頭へ戻る