卵殻膜は副作用とかある!?※気になるアレルギーも調べました

卵殻膜に副作用ってあったりする?アレルギーが出ることはある?

 

美容効果があると話題の卵殻膜ですが、アレルギーや副作用はないのでしょうか?

 

今回は、卵殻膜を使った製品に問題はないのかどうかについて考えてみたいと思います。

 

卵殻膜成分使用の化粧品に副作用はある?

 

卵殻膜自体は薬ではないため、副作用の心配はありません

 

また、卵殻膜が成分に入っている化粧品の場合、卵殻膜の組成成分は人の肌に近く、肌に必要以上の量をつけてそのまま放置したりしない以上、問題はないと思われます。

 

卵殻膜の成分を含有するサプリに関しても、過剰な摂取をしないかぎりは問題はありません。

 

いずれにせよ、説明書きにある用量や用法を守っていれば、気にする必要はありません。

 

卵殻膜に含まれる成分とアレルギー

 

卵アレルギーを持つ人は、卵由来の成分が含まれたサプリメントや化粧品を使用する際には注意が必要です。

 

一般的に、卵アレルギーを引き起こす原因となるものには、「オボムコイド」や「オボアルブミン」といった成分があります。

 

卵殻膜にはそれらは含まれていないため、おそらく卵アレルギーを引き起こすことはないだろうと思われます。

 

しかし、「オボムチン」や「オボアルブミン」以外のものがアレルギーを引き起こしている場合もあるため、卵アレルギーを持つ人は事前に「パッチテスト」をして使用するのが無難です。

 

卵殻膜成分の入った製品を使用する前に

 

卵アレルギーの主な原因となる成分は卵白側にあるため、卵殻膜成分が原因で卵アレルギーが起きる例は非常にまれです。

 

それでも、念のために、先にも述べましたが、卵殻膜成分配合の製品を使用する際には、事前にパッチテストを二の腕など目立たないところでしておくのがよいと思われます。

 

卵殻膜成分含有のサプリメントの場合、実際に体に取り込むことになるため、前もって成分を確認し、医療機関などで大丈夫かどうか確かめておくのが安心です。

 

安心のために必要であればテストしておく

 

卵殻膜の主成分であるタンパク質は人の肌のタンパク質の組成と非常に近く、このためアレルギーや副作用の心配は少ないと言えるでしょう。

 

それでも万一を考えて、卵殻膜成分含有の製品の使用においてはパッチテストを、卵殻膜成分含有のサプリメントを飲む場合は医療機関での確認をあらかじめ行っておくなら安心でしょう。

 

言うまでも無く、卵殻膜製品の購入の際には、いろいろ吟味してからにしましょう。

 

 

.

ページの先頭へ戻る