卵殻膜の効果効能ってどういう内容?※成分を徹底的に分析しました

割った卵を持っている手

 

ここでは話題のビューティーオープナーの主成分である卵殻膜の作用や効果といったものについて述べてみたいと思います。

 

未知なる力を秘めた卵殻膜

 

みなさんは卵殻膜というものが何かご存知でしょうか?

 

卵殻膜とは、タマゴの殻の内側にある薄い膜の部分です。

 

タマゴからヒナがかえる現象というのは、よくよく考えたら不思議だと思いませんか?

 

親鳥から産み落とされたタマゴは、その後、一度も親鳥から栄養をもらうことなく、ヒナの骨や筋肉、羽毛を形作り、さらにはヒナが自分の力でタマゴの殻をこわして外へ出ていける力も与えています。

 

そういえば、お相撲さんは試合中や激しい稽古でケガをしたときに、卵殻膜を傷口に貼って治す場合があるそうです。

 

昔の人は、生活のなかから卵殻膜の効果を知ったのかもしれませんね。

 

卵殻膜が美容・健康に与える効果

 

では、卵殻膜そのものには具体的にはどんな成分が入っていて、どんな効果があるのでしょうか?

 

次にそのことについて述べていきたいと思います。

 

卵殻膜に含まれる成分と効果 その1

 

卵殻膜の主成分はタンパク質で、髪の毛や人肌にとても近いアミノ酸18種類に加えて、コラーゲンやヒアルロン酸が天然のかたちで含まれています

 

さらに、みずみずしい肌を再生させる効果をもつプロテオグリカン、細胞間に美容成分を搬送する際の司令塔の働きをするシアル酸、ハリや弾力のある肌を生み出す作用のあるデスモシンやイソデスモシン、といった美容成分もふくまれているため、弾力のあるもちもち肌に近づけてくれます。

 

卵殻膜に含まれる成分と効果 その2

 

卵殻膜の中に含まれている18種類のアミノ酸のなかには、活性酸素の害やシミのできるのを防いでくれる、アンチエイジング効果のあるシスチンを豊富に含んでいることも特徴です。

 

また、シスチンは健康的な爪や髪をつくるためにも必要な成分です。

 

普段の食事でとる大豆や小麦などの食品のなかにもシスチンは含まれていますが、シスチンの含有量に関しては卵殻膜が群を抜いています。

 

シスチンは体内で「L-システイン」に変化しますが、「L-システイン」はソバカスやシミ対策のための化粧品に、美容成分としてよく利用されているため、知っている方もいることと思います。

 

卵殻膜に含まれる成分と効果 その3

 

赤ちゃんの肌にもっとも多い「V型コラーゲン」は、肌の弾力を保持する上で重要な役割をもっていて、「柔軟性コラーゲン」とか「ベビーコラーゲン」とも呼ばれています。

 

「V型コラーゲン」は、「お肌の曲がり角」といわれる二十代なかばくらいから少しずつ減っていき、それに伴って肌も少しずつの弾力も失われ、硬化やたるみが起きてきます。

 

この失われた「V型コラーゲン」を卵殻膜が補ってくれることが、最近の研究でわかってきたんです。

 

ビューティーオープナーなら卵殻膜の効果を期待できます

 

卵殻膜についてまとめますと、卵殻膜に含まれている天然成分は、肌や髪によくなじみ、美容効果、エイジングケアの効果が認められている、ということです。

 

今なら下記の公式店舗で初回半額以下&お試しサンプル付きで始められますので、早めにチェックしてみてくださいね。

 

 

.

ページの先頭へ戻る