卵殻膜 NHK

卵殻膜がNHKのバラエティ番組でも放送された!?※東大教授もVTR出演

卵殻膜のNHKで組まれた特集とは!?※あのバラエティ番組で紹介

 

美容と健康で注目されている卵殻膜について、NHKで放送されたことがあります。

 

そこでここでは、以前NHKで放送された卵殻膜を取り上げた番組についてご紹介します。

 

NHKの卵殻膜についての番組とは?

 

卵殻膜を取り上げた番組は、NHKの「マサカメTV」という番組です。

 

NHKの番組の冒頭

 

番組の冒頭では、プロレスの世界ヘビー級のチャンピオン佐藤耕平選手が登場して、「プロレスと卵は意外な結びつきがある」とのコメントをしました。

 

そのコメントの趣旨を受けて、お笑い芸人の2人が、プロレスと卵の関係について、プロレス選手が多く生活する寮を訪ねて取材する流れとなりました。

 

卵殻膜についての放送部分は?

 

番組の最初のテーマでは、クイズ形式で「プロレスラーが試合の時に卵を使うことがあるけど、その使い方とは何?」という内容で放送されていました。

 

そこでは番組でVTR出演していたプロレスラーが、試合中にできてしまった傷に卵殻膜を「絆創膏として」貼っている姿が紹介されました。

 

「卵殻膜を貼ると治りがすごく早い」と他の選手もコメントをしていました。

 

あの東大の先生も登場!

 

番組では、ビューティーオープナーの共同研究にも携わっている、東大名誉教授の跡見先生も出演されました。

 

番組内では卵殻膜について次のようなコメントを残しています。

 

@傷の治りが早い

 

A傷の治り方もキレイ

 

卵殻膜は細かい網の目状のつくりをしており、空気は通りますが水を遮る効果があるため、天然由来の絆創膏として使うことができるそうです。

 

東大名誉教授のお墨付きですから、それだけでも卵殻膜のパワーが伺えますよね。

 

 

その後の番組の流れは?

 

その後の番組の内容としては、好きな卵料理をゲストの林家三平さんが語ったり、ゆで卵の変わった作り方などの料理レシピが紹介されていました。

 

またその他にも、ストッキングで卵を回転させてからゆでると、白身と黄身が反対になったゆで卵ができるといったトリビア的なことも紹介されました。

 

卵殻膜パワーの代表作。

 

後半は少し脱線してしまい卵殻膜とは関係ない話になりましたが、東大名誉教授も出演されていたこともあって、卵殻膜のパワーがピックアップされた番組でした。

 

NHKの番組だけあって、成分の説明とかは詳しく、わかりやすい印象でした。

 

番組中でも紹介されていた3型コラーゲンをサポートする美容液が、話題のビューティーオープナーです。

 

今なら下記の公式店舗で初回半額以下&お試しサンプル付きで始められますので、早めにチェックしてみてくださいね。

 

 

.

ページの先頭へ戻る